パチンコとスロットを辞める方法、サイトを見てもあてにならない


辞めたいのに辞められない、帰る時には後悔しているとわかっていても、ストレス解消の為に、他にやる事も無いので行ってしまう。
1日を無駄にし、苦しみながら貯めたお金をたった数時間で無駄にし、よりストレスが溜まる結末。タバコが大嫌いなのに行ってしまう。
帰り際は、アルコール除菌に数十分かけています。馬鹿馬鹿しい限りです。

本気で辞めたいです。

(個人的には、競馬は額も少ないし、楽しいので、今のところは特に辞めたいとは思っていません。勝ちにこだわっておらず、過去のレースを観ることも好きなので。)

そこで、辞める方法をネットで調べてみると沢山出てきます。

だが、参考にならない。
それができているならとっくに辞められているという内容が多い。
それは精神的な病気を治す方法とかが書かれているサイトでも同じ。

投稿者が当事者ではないのか、症状が軽いのか、周りの環境に恵まれているのか。

中でもよく書かれていて腹が立つのが、
「環境を変える、人付き合いを変える」
そもそも、人付き合いなど無い。変える以前の問題。むしろ人間関係豊かならやっていない。
変えるとしても、そんなコミュニケーション能力のある人間はパチンコなどしない。していても、少なくとも辞めたいとは思っていないだろう。

そしてもう1つが、
「趣味を作る」
無理やり作った趣味が長続きするとは思えないし、面白みをあまり感じないだろう。
それに、自分も趣味は少なくはないと思うが、それでも行ってしまう。嫌な事を忘れたいが為だけに。
長時間出来る飽きない趣味を見付けることが出来れば、それはとても有効的だと思う。
ただ、そんなものはなかなか無い。

テレビっ子だった自分にとっては、今のテレビが恐ろしくツマラナイことにも原因があると思う。

そこで自分が行っている方法。
「後悔を体に刻みつける」

体に覚えさせる、それを見て後悔を思い出す。
もしパチンコ、スロットに行ってしまった日には、腕に傷をつける。
いわゆる、「リスカ」と呼ばれるものですね。
腕に傷が残りますし、それを見れば行くのをためらう。
ただ、それでも自分は行ってしまいます。
・人生がどうでもよい自分にとって体の傷などどうでもいいから。
・それに勝るストレスを抱えてしまい、うまく発散できないから。
・家に居ても家族の笑い声がうるさくイライラするから。

まぁ、一人暮らしの時も行っていたのですが、、、まだ金額も時間も少なかったです。
一人暮らしが非常にしたい。でもその為にはお金が必要。働いたお金だけでは数年かかる。かといってそんなに働きたくもない。ただでさえストレスを抱えやすいのだから。そしてまたギャンブルを。

検索履歴から関連のキーワードを全て削除しました。
動画サイトにおすすめ動画で表示されたら、非表示設定にしています。
パチンコ、スロットの事を頭から離れさせる為。

何も得たものはありません。失ったものは沢山あります。
あと少しで辞められるところまできてはいると思います。あと一歩だと思っています。
ギャンブル依存症が多いのは日本が一番だとも言われています。
真面目な人間ほど非現実的世界に逃げたくなってしまう世の中です。

ギャンブル依存症が減る事を、自分も含め、切に願っています。
辞められた時の世界は、少なくとも今までよりは明るいと思うんです。
辞めたい人、共に頑張りましょう。自分と、世の中と、闘っていきましょう。

私は、とりあえず十数日を数千円でどう生きていくか考えます。。。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

明るい未来を信じて。

この記事へのコメント

スポンサードリンク